アフターデジタルセッションズ 最先端の33人が語る、世界標準のコンセンサス

藤井 保文 監修  

2,200円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

2021年5月に開催されたUX/DXのオンラインフェス、「L&UX2021」。33人の世界・日本における最高峰の実践者、思想家の議論を通して、「DXの目的は新たなUXの提供である」という考え方が、実際に世界のリーディングカンパニーや日本の先鋭リーダーたちによって実践されていることが明らかになりました。

アフターデジタルのさらに先を進む世界のコンセンサスを、書籍という形でまとめたのが、『アフターデジタルセッションズ』です。

========================================
「ビジネスにおける価値の源泉は、もう製品からUXに移行してしまっている。」
-冨山和彦氏 IGPI 会長

「UXを統合的に見ていく人や組織を置けるかがこれからの重要な経営課題。」
-川邊健太郎氏 Zホールディングス, Co-CEO

「価値とはユーザのフィードバックを受けて絶え間なく磨き、発展していくもの。」
-宮田裕章氏 慶應義塾大学教授

「イノベーションはもはやオンラインとオフラインの融合の中でしか生まれない。
今求められるリーダーシップは、如何にジョイントビジョンを掲げられるかである。」
-Sampo Hietanen氏 MaaS Global, CEO

「ビジネスモデルから考えて作ろうとするが、これではうまく行かない。
ユーザインサイトからサービスの種を見つけ、ユーザテストを繰り返しながら大きくしていくのがあるべき姿」
-Abhinit Tiwari氏 GoJek, Head of product design
========================================


デジタルトランスフォーメーションを本気で推進している方々の中で
「DXの目的は新たなUXの提供である」「UXや体験価値を中心に置くべき」といった
共通認識が生まれつつある一方で、
そうした理解が社会や企業内に広まっているほどではなく、意識や理解の差が生まれてしまっているのも事実です。

誰か一人の意見や視点ではなく、世の中をけん引する海外と国内のリーダーから見ても
「確かにこっちに向かっているのだ」というコンセンサスがあることをお見せすることで、
企業内での理解を深めて説得したり、推進者のゆるぎない自信を生んだりすることができるのではないか、
という想いで監修された、世界の最先端に追い付く視点を獲得する一冊です。

-L&UX2021 登壇者-
陳妍 Tencent
程峰 DiDi
アカッシュ・ニガム Genies
アビニット・ティワリ GoJek
イアン・スパルター Instagram
ジェイナー・ゴロホフ Veriff
ケヴィン・リン ex Twitch
サンポ・ヒエタネン MaaS Global
入山章栄 早稲田大学大学院
蛯原健 リブライトパートナーズ
小野直紀 博報堂
尾原和啓 フューチャリスト
川邊健太郎 Zホールディングス
小宮山利恵子 スタディサプリ教育AI研究所
佐々木康裕 Takram
塩野誠 経営共創基盤(IGPI)
白坂成功 慶應義塾大学大学院
関治之 Code for Japan
瀧島勇樹 経済産業省
竹村俊助 WORDS
谷本有香 Forbes Japan
中馬和彦 KDDI
塚原文奈 hey
冨山和彦 経営共創基盤(IGPI)
鳩山玲人 鳩山総合研究所
深津貴之 THE GUILD
藤原彰二 出前館
水口哲也 エンハンス
宮澤秀右 東急
宮田裕章 慶應義塾大学
若林恵 黒鳥社
遠藤直紀 ビービット
藤井保文 ビービット

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2021年9月21日
ISBN
9784296110414
ページ数
256
サイズ
A5変
原著者
藤井 保文 監修